排卵検査薬でフライングは妊活ではよくある!

 

子供が欲しい余りに、排卵検査薬でフライング気味にチェックして、テスターを無駄にしてしまうっていうのは良くある話ですよね。
国産の排卵検査薬は結構高いので、無駄にしてしまうと、本当に経済的な負担も大きくなってしまいます。
でも、排卵検査薬フライングはしてもいいから、タイミングだけは逃したくなっていう気持ちは強くなってきますよね。
最初はあんまりペースがわからないから、何となく使っていた人も、やっぱり徐々に、慣れてくると排卵検査薬を使うペースが上がってきます!
私も最初の頃は、1日1本だったけど、途中から1日に2本になってきて、排卵検査薬を使う量がどっと増えました。
こうなってくると、やっぱりみんな海外産の排卵検査薬を使うようになってくるので、バンバンテスターを使ってチェックするようになってきます。
私の友達も海外産の排卵検査薬を使っている子は、ケチケチしないで使う子の方が断然多いです!
やっぱり1日1本では、その一本がたまたまエラーになってしまうと、正確なタイミングを逃してしまいます。
1日に2本チェックしていれば、それだけタイミングを取るのも上手くなりますしね。
タイミング法で失敗している人は、チェック回数を増やした方が良いと思います。

 

 

第三者の卵子を使った体外受精

 

皆さんは、自分が不妊だった場合、、第三者が提供した別の女性の卵子を使ってでも体外受精で子供を得ることを望みますか?
ニュースでやっていて、すごく複雑な気持ちになってしまいました。
確かに子供は、欲しい!
愛する男性の子供だから欲しい!
でも、その半分で、自分では女性の遺伝子も入っているわけで…。
将来的には、その女性の遺伝が色濃く出て来る可能性だってあります。
自分の遺伝子が全く入っておらず、日に日に見知らぬ卵子提供の母に似てくる子供を、本当に愛せるのだろうか?
何だか、連れ子を愛するのと、同じような気持ちになってしまいそうだなって思いました。
やはり子供って、自分の遺伝子が入っているから、可愛がるんじゃないのかなって思うんです。
それが自分の遺伝子が入っていないのであれば、育児もすごく難しそうだなって思いました。
やっぱり私はどんなに辛くても、自分の遺伝子が入った子供が欲しいと思ってしまいます。
そのためには、妊活を頑張るしかないんですよね。
排卵検査薬ではフライングすると、お金がバカになりません!
安い海外産の排卵検査薬を使う人が多いのはやっぱりそれだけ、フライングで使う排卵検査薬の費用が痛いからだと思います。
早く妊活が終わってくれれば、一番なんですけどね。